カテゴリ:travel/奈良( 8 )

奈良へ。

f0179202_23532076.jpg

最終日にギリギリ滑り込んだ正倉院展。
今年の目玉はやっぱり琵琶。
その名も螺鈿紫檀五弦琵琶(らでんしたんのごげんびわ)。
ゴージャスな琵琶は飾り用ではなく、
実際に弾く用につくられたそうです。
なんて贅沢!
そして、光明皇后が世界中から取り寄せたという薬の数々とその目録。
書かれてある薬の数と現在残っている薬を見てみても、
光明皇后が実際に一般の人たちの為に使ったのではないか、と考えられているそうです。
f0179202_014364.jpg

この他も素晴らしいものばかりで、
いつの時代にも美意識が高く、高度な技術を持っている人はいるものだと
妙に感心してしまったりして。
想像よりもゆっくり見れて大満足。
ついでに(と言っては申し訳ないけれど)奈良国立博物館の仏像さん達も拝見して参りました。
個人的にその可愛らしくて微笑ましい姿が大好きな誕生菩薩ちゃんはいなかったけれど、
今日初めて見た国宝の金剛力士像がその圧倒的な存在感を出していました。
f0179202_064281.jpg

奈良、いいとこだな〜。
ちなみに、ランチは大好きなくるみの木で。
建物を覆う蔦も赤く染まっていました。
衝撃の1.5時間待ちでしたが、それを忘れさせる美味しさ&居心地の良さ。
さすがです。
こんなお店が近所にあったらいいのになぁ〜。
f0179202_0161967.jpg

[PR]
by han-nari-days | 2010-11-12 00:18 | travel/奈良

奈良へ。

もう先週の事。
母が遊びにきたので一緒に奈良へ。
憧れのくるみの木でのランチ。
f0179202_21254657.jpg

平日だったので、少しの待ち時間で案内してくれました。
ランチは想像以上に美味しくて、感動!
お野菜がとにかく新鮮でみずみずしかったー。
f0179202_21253480.jpg

お腹を満たし、興福寺へ。
東京で大フィーバーを巻き起こした阿修羅さまを拝見。

その後東大寺へ。
f0179202_2132668.jpg

あの大きな大仏様を前にすると、なんだか小さい事はどうでもよく思えてきます。
「ダイジョウブ、私が見守っててあげるから」と囁いてくれた気がしました。

少し歩いて二月堂へ。
f0179202_21402647.jpg

景色が本当に最高!
大仏殿の屋根が見えて、大仏様の存在を感じられ、神秘的な気持ちになります。
f0179202_21375178.jpg

もの凄く寒かったけれど、空は高くて青くて、心が洗われた気がした奈良なのでした。
[PR]
by han-nari-days | 2009-12-26 21:46 | travel/奈良

法華寺、興福寺。

長谷寺の後は、奈良市街に戻りつつ法華寺へ。
法華寺は光明皇后が女人修養の根本道場として創建した尼寺さん。
病人等の体を自ら洗われたというから風呂等もあります。
f0179202_1935582.jpg

法華寺の後は奈良ホテルでお食事。
ご一緒した方が泊まっているお部屋にもお邪魔しちゃいました。
朝は窓の外に鹿が姿を現したそうです。
さすが奈良。
会食の後は、ライトアップを求めて街へ。
まんまるお月様をバックに堂々と佇む興福寺の五重塔。
f0179202_19121623.jpg

500年前も同じ風景を見ていた人々がいて、きっと同じように感動していたんだろうなー。
[PR]
by han-nari-days | 2009-11-17 19:14 | travel/奈良

長谷寺。

室生寺から西に少し移動して、長谷寺へ。
こちらも門から399段の階段が続きます。
長谷寺は四季折々の表情を楽しむことが出来るそうですが、
特に牡丹が有名だそうです。
是非その時期にも訪れてみたいです。
f0179202_854630.jpg

登りきると、そこには素晴らしい舞台がありました。
清水寺も顔負けの立派な舞台(の足組)。
f0179202_88913.jpg

そして舞台から望む絶景。
f0179202_883828.jpg

山には不思議なチカラが宿っています。
なんだか神々しい気持ちになります。
f0179202_81021.jpg

気持ちが安らぎ、落ち着きます。
帰りも、階段。
f0179202_8144844.jpg

長谷寺。
お気に入りのお寺の仲間入りです。
[PR]
by han-nari-days | 2009-11-16 08:13 | travel/奈良

室生寺。

奈良市から南東へおよそ35キロに位置する室生寺。
f0179202_2303616.jpg

別名「階段の寺」と勝手ながら命名します!
奥の院まで行くなんて、無謀でした。。。
登れど登れど辿り着かない。。。
f0179202_231936.jpg

明らかに足はぷるぷる。
やっと到着かと思いきや、またまた現れる階段。。
f0179202_2322353.jpg

恐ろしやー。
修行が足りませんな。明らかに。
静かに反省。
いろいろと反省。
[PR]
by han-nari-days | 2009-11-13 23:05 | travel/奈良

正倉院展。

天皇即位20周年の今年、
正倉院展に訪れる人も例年に比べて多かったようです。
昨日までだった正倉院展。
少し前ですがしっかり拝見して参りました。
所要時間ぴったり1時間半。
重なり合う人、人、人。
一瞬生まれる隙間の奪い合いでした。
それでも、天平の時代から伝わる華やかな品々にため息が出てしまいます。
やはり目玉の紫檀木画槽琵琶は美しかった。
葉のグリーンがなんともいえない美しい色彩。
このグリーンは個人的に大好きな色で、
考えてみると、桜の木に付着している苔の色だったり、
淋派の絵画に描かれている木の枝の色だったり、
ふと目に飛び込んできては、しみじみとその美しさに感動するのです。
初めての正倉院展。
思い切り楽しませて頂きました。
f0179202_82703.jpg

[PR]
by han-nari-days | 2009-11-13 08:28 | travel/奈良

NARA。

f0179202_23312176.jpg

奈良の良さはズバリ自然でしょう。
芝生が青々としていて、空がとにかく高い。
その自然の中に世界遺産が存在していて、
鹿が普通に共存しているのも、なんだか不思議な感じ。
奈良国立博物館で仏像を拝見した後は、お散歩。
f0179202_23175032.jpg

f0179202_23181632.jpg

こちら東大寺二月堂。3月のお水取りにも訪れたい。

ならシルクロード交流館を大興奮で見ていた主人。
小学高学年〜中学生用のプリントをもらってました(笑)
だんだん日が暮れて、丁度行われていた橙花会の灯が灯り始めました。
f0179202_23252091.jpg

f0179202_23242898.jpg

心安らぐ風景。ご先祖様への感謝も忘れずに。
その後は東大寺の大仏様に会いに行きました。
暗闇に佇む東大寺は想像を超えた迫力で、
時空を超えて東大寺ごと空からどんっと突然出現したかのような錯覚に。。。
いにしえの人々の偉大な仕事ぶりにただただ圧倒されるばかり。
自分がいかにちっぽけか改めて思い知らされたのでした。
[PR]
by han-nari-days | 2009-08-18 23:38 | travel/奈良

くるみの木。

憧れの「くるみの木」へ。
f0179202_120055.jpg

オーナーの石村由紀子さんの書籍「私は夢中で夢を見た」は以前にブログでご紹介しましたが、
http://lejournalh.exblog.jp/11102998/
ずっと行ってみたい場所の一つでした。
その人気ぶりは高く、到着してみると沢山の人が待っている。。。
お店の方に確認すると、なんと1.5h待ち!!
ランチも終わってしまうとの事だったので
泣く泣くあきらめる事に。。。
とっても残念。
併設されているショップを拝見して奈良国立博物館にとりあえず向かう事にしました。
ショップは石村さんのセンスで選び抜かれた素敵なものばかり。
主人も気に入ってくれた様子だったので、また改めて来る事にします。
お買い物もその時までおあずけ。
こうして、少し離れていてもまた行きたいと思わせるお店はなかなか無いものです。
[PR]
by han-nari-days | 2009-08-18 12:03 | travel/奈良