カテゴリ:travel/東京( 15 )

2weddings♪

11月は何かと忙しく過ごしております。
久しぶりに披露宴に出席して参りました。
ひとつめは大学時代の友人Nの結婚式。
随所に彼女のこだわりが詰まった結婚式でした。
ウェルカムボードも、招待状も、席次表も、ぜーんぶ新婦の手づくり!
f0179202_8525273.jpg

素敵だったな〜♪
f0179202_8503947.jpg

久しぶりに友人達とも会えて、
また「背、伸びた?」って聞かれて(笑)
少しだけ学生時代に戻ったようで、楽しい時間でした♪

ふたつめは夫の後輩ちゃんのお式。
f0179202_851195.jpg

一緒に徳島旅行をした時、天真爛漫な彼女を見つめる彼の"奇麗な目"が印象的だったので、
ゴールインして嬉しい♪
f0179202_8484618.jpg


二組とも幸せな笑顔に溢れたお式でした。
結婚式ってやっぱり幸せ♪
末永くお幸せに!
[PR]
by han-nari-days | 2011-11-15 08:57 | travel/東京

ワシントンナショナルギャラリー展@国立新美術館。

とても暑い日でしたので、とにかく涼しい場所へ。
同じ考えの人が沢山いらっしゃいました。
f0179202_1857952.jpg

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展〜印象派・ポスト印象派 奇跡のコレクション〜
ナショナルギャラリーは世界的にもめずらしい一般市民の寄贈によるコレクションだそうで、
今回来日したものも、これ程充実した内容は最初で最後だとか!
印象派の代表的な画家モネやルノアール、ゴッホはもちろん、ピサロやスーラの絵画も充実していました。
さすがアメリカ!
まだフランスでは受け入れられていなかった印象派の絵画をいち早くコレクションしたのがアメリカ人だそうです。
あのココシャネルも、アメリカ人に受け入れられて世界的に有名になったと言われますし。
新しいものを快く受け入れるアメリカ人らしい良い所ですね!

さて、今回の目玉とされているマネの「鉄道」はなんだか不思議な絵画でした。
f0179202_18554183.jpg

女の子のブルーのサテンに人の顔が映っているような、映っていないような。。。
ぶどうも不思議だし。。。
変なこと言ってごめんなさい。。。
今回もやっぱりゴッホの力強いエネルギーに魅せられました。
短い時間でしたが、なかなか楽しめました!
ワシントンは未訪問なのでいつか行ってみたいな〜♪
[PR]
by han-nari-days | 2011-07-21 19:05 | travel/東京

オルセー美術館展@東京国立美術館

ルーシーリー展のチケットを購入する時にオルセー展のチケットも思わず購入。
100円引きにつられてしまったー。えへへ。
次の日も六本木へ。
f0179202_953472.jpg

印象派の名画がずらーり!!
やっぱりゴッホはパワーが違いました。
アンリ・ルソーの作品も大好きで、
いつかパリでオルセーに行った時には貸し出し中で見られず残念だったので、
日本で会えてウレシイ!!
f0179202_957318.jpg

帰りは地下にあるミュージアムショップへ。
f0179202_958532.jpg

先日お会いした青木良太さんの作品も少し置いてありました!!
もっとスペースを使って奇麗にディスプレイしてくれたらもっといいのに、と少々残念。
でも面白い空間でした!
新国立美術館。なかなか楽しみましたー。

オルセー美術館展→http://orsay.exhn.jp/
[PR]
by han-nari-days | 2010-06-07 10:03 | travel/東京

ルーシーリー展@新国立美術館。

東京では友人とずっと行きたかったルーシーリー展へ。
f0179202_835545.jpg

彼女の存在を知ったのは関西に来てから。
通っていた陶芸教室で「好きそうだから」と本を見せて頂いたのが出会いです。
そのシンプルで、繊細で、独特なフォルム、そして可愛らしい色使いにひと目で虜に。
以来、大山崎山荘などで少し作品を拝見した事はありましたが、
これだけ多くの作品(なんと250点!)と対面出来たのは幸せこの上ありません!
特に素敵だったのはボタンの数々。
f0179202_833244.jpg

可愛過ぎてボタンと言うよりは、ブローチとかにしたいくらい!
こんな素敵なボタンがつけられた洋服とは一体どんなデザインだったのでしょう。
見てみたいなぁー。
f0179202_8381585.jpg

器も本当に素敵でした。
様々な時代の作品がありましたが、
やっぱりピンクと黄色と青と白と茶!
色が本当に上品で可愛らしい、ルーシーリーそのまま、という印象。
あー、幸せな時間でした。
年末には関西にも来るみたい。
また行ってしまいそうだなー。
f0179202_8183364.jpg


ルーシーリー展→http://www.lucie-rie.jp/index.html
※先日大阪でお会いした陶芸家の岡崎裕子さんがHPでインタビューに応えていらっしゃいます!
[PR]
by han-nari-days | 2010-06-07 08:44 | travel/東京

嬉しい再会。

もう先週末の事。
結婚式があり、またまた東京に。
5月だけで3回目!
ただ、いつも時間が限られているのでゆっくり出来ないのですがね〜。
出来る限り友人に会ったり、有効に時間を使おうと毎回必死です(笑)
今回はアフリカで衝撃の出会いをしたお方と、その子供ちゃんに会ってきました。
アフリカを旅して、アフリカで旦那さんと出会って、パリで生活して、今は日本で子育て。
旦那さんが夫の後輩、というご縁でお会いしたのです。
ある日突然夜中に「ピーンポーン」って。
日中でも出歩いてはいけないと言われていたので、
夜中に来客なんてあり得ませんでした。
ドアを開けるとニッポンジンのカップル!!!
大きな荷物を抱えて、ひどく疲れて、ひどく汚れてて、ひどくお腹がすいている様子でした。
とにかくお風呂とごはんと休息を!!
そう思ったのが第一印象でした。
アフリカ旅の話は刺激的で興味深く、彼らの強力な生命力と行動力にただただ驚くばかり。
ラゴスで運転手付き、お手伝いさん付き、治安が悪いため行動範囲が決められていた私が
アフリカを語るには100万年早いと思いました。
夢を追い続けている旦那さん。
それについていくママンボワーズ。
新たな命も生まれて、
あの日「彼と結婚したいんだけど、どうしよう」と悩みを打ち明けてくれた日が懐かしい〜。
好奇心いっぱいに動き回り、
頭を何回テーブルにぶつけても全く気にしていない様子のYちゃん。
さすが、パパとママンの血を引いてるだけあってスケールがデカイです!!
将来が楽しみだね!
f0179202_7515492.jpg

ママンボワーズのブログ→http://mamanboise.exblog.jp/
[PR]
by han-nari-days | 2010-06-07 08:05 | travel/東京

市井の山居/細川護煕展@メゾンエルメス。

とある雑誌で細川護煕さんの器や書を拝見して以来、
とっても気になる存在です。
丁度銀座で時間が少し空いたので、メゾンエルメスにお邪魔してきました。
何度か8Fフォーラムでの展示は拝見していますが、
改めて素晴らしく贅沢な空間だと言う事に気付かされました。

人もまばらで、ゆっくり作品の数々とご対面。
驚いたのは油絵の数々。
まだ描き始めて1年との事ですが、信じられない。
何でもお出来になるのですねー。うらやましー。
と、
あれ?
見た事ある方が???
なんと!
ご本人がいらっしゃいました!!!!!

「毎週金曜日は来るようにしているんですよ」と
こんな私にも気さくにお話しくださいました。
いや、感激です。
作品の前でご本人にお会いできるなんて、
こんな幸せありません。
伺いたい事は山ほどあるのに、頭真っ白(笑)
普段から鍛えないといけませんな。

もうすっかり縁遠くなってしまったメゾンですが、
お店も少し覗いて帰りました。
嬉しい再会もあったりしてとっても良い時間となりました。

お近くの方は是非金曜日にいらしてみて下さい!
驚きの入場料無料ですしね。

f0179202_841810.jpg

写真:ArtIt HPより

エルメス→http://www.hermes.com/index_jp.html
遊び心に溢れたHP♪かなり好みです。見応えがあります。
maison Hermesのページもありますので「HERMESの翼」からどうぞ。

ArtIt→http://www.art-it.asia/fpage/?OP=hermes
[PR]
by han-nari-days | 2010-05-24 08:22 | travel/東京

岡本太郎記念館。

都会のオアシスで癒された後は腹ごしらえをしてから岡本太郎記念館へ。
根津美術館から徒歩5分くらいです。
岡本太郎が住まい兼アトリエとして使っていた建物だそうで、
それはそれはエネルギーが沢山詰まっていました。
チケット買ったら
「館内撮影自由です」
とのお言葉。
さすが、心が広いです。
奥の方にアトリエらしき空間が見えたので背の低い扉をくぐってみたら、
岡本太郎ご本人がいらしてびっくり!!!!
f0179202_2271752.jpg

マジでリアルでした。
そしてエネルギッシュ!!
指の先からビームが出ているのではないかと思うくらい(笑)

奥のアトリエは無数のキャンバスで埋め尽くされていました。
f0179202_2283419.jpg

写真も多く撮っていらしたようで、
直接作品を手で触りながら鑑賞できる斬新なスタイル。
f0179202_22111757.jpg

パートナーだった岡本敏子さんによって一般公開された記念館だそうで、
なるほど、と深く頷きました。
とにかくキーワードは「エネルギー!!」
パワーチャージさせてもらいました。
[PR]
by han-nari-days | 2010-05-23 22:22 | travel/東京

燕子花@根津美術館。

先日1日だけ東京で過ごす事が出来たので、
関西で一緒で今は東京暮らしのSちゃんに誘われて根津美術館へ行って参りました。
リニューアルしてからは初めて。
とっても素敵な空間でしたー。
国宝燕子花屏風とのご対面はこれが初。
プリント類からは伝わる事のない色彩に驚きました。
どんなものでも、やはり本物にはパワーがあります。
予想を超える迫力でした。
f0179202_21453847.jpg

いや、待てよ、改めてこのチラシを見ると、
また色の捉え方が違って見えてきたではありませんか。
人間の目って不思議だわー。

その他のコレクションも見応え十分でした。
特に古代中国(BC13とか!)の青銅器コレクションではその精密さに脱帽。
文様にもいちいち大興奮なのでした(笑)
f0179202_2153106.jpg

この日は日差しが強く、気温も上がる一方。
でも一歩お庭に出ると日陰はひんやりとしていて心地よく、
大都会のど真ん中にいる事をしばし忘れました。
f0179202_21473019.jpg

本物の燕子花は残念ながら見頃を過ぎていましたが、大満足!
ココはまさしく都会のオアシスと言えるのでは。
マイナスイオンをこれでもかと吸い込んで参りました。
f0179202_214974.jpg


根津美術館→http://www.nezu-muse.or.jp/index.html
[PR]
by han-nari-days | 2010-05-23 21:56 | travel/東京

ナイジェリアからお客さん。

3連休の初日。
東京でナイジェリアからいらしていた主人の会社の方をアテンドすることになりました。
ナイジェリア人としても身長の高いサマン氏。
2m以上あります。
電車のつり革をつっているあのポールに頭がぶつかります。
でも座ると主人と同じ位の目線。
どれだけ足長いねん。
すれ違う人に必ずと言ってよい程、振り返られます。
私たちを知っている方はご承知の通り、我々もデカデカ夫婦ですが、
サマン氏と一緒に歩くと、まるで小人のようです。
慣れない和食を一緒に食べれくれたサマン氏。
出してもらったナイフとフォークには手も触れず、
お箸を使って一生懸命食べていました。
「ミスター(夫)も私たち現地スタッフと一緒にナイジェリア料理を手で食べてくれた」と。
もずくも「good」と食べてくれるサマン氏。
あなたは本当にやさしい人です。

さて、浅草や秋葉原へ行く事を考えていた私たちですが、
彼に行きたい所を聞くと、
「オートバックス東雲店」ですって。
これだけ恵まれた体格の持ち主なのに、
スポーツは全くダメだそうで。
ある意味、親近感(笑)
バイクや車が趣味だそうです。
私にとっては初オートバックス。
色々な部品をサマン氏に説明して頂きました。
それにしても商品の豊富さに感動していたサマン氏。
(私もびっくりしたけれど!)
ナイジェリアにこんなお店を作りたい、と
ゆっくりじっくり2時間位、お買い物を楽しんだのでした。

このあとは秋葉原へ。
100均ショップ&デジカメを買いに。
アキバの100均は小さいお店でしたが外国人で一杯でした。
サマン氏も楽しみにしていたようで、色々と買い込んでいました。
そして、デジカメ。
目玉商品をゲットし、満足のいくお買い物が出来ました。
よかったよかった。

昔話にも花が咲き、夫もとても楽しそう。
きっと何もかも違う慣れない日本で疲れているだろうに、
そんなそぶりは一切見せず、終始笑顔でいてくれたサマン氏。
ありがとう!


参考までに
夫183センチ
私173センチ。。。。
f0179202_8362338.jpg
f0179202_9341357.jpg
[PR]
by han-nari-days | 2009-11-26 09:40 | travel/東京

東京。

f0179202_17393741.jpg


週末は今年に入って初めての帰省。
祖父の法事でした。
久しぶりにたった一人の従姉妹ちゃんにも会って近況報告。
大人になってるな〜。
f0179202_1739370.jpg

今回はゆっくりと友人に会う時間もなく、
ばたばたばたーと時間が過ぎてゆきました。
そろそろ関西がホームで、東京が遊びに行く所、になりつつあります。
今までは、断然東京が帰る場所だったけれど。
週末にかけて関西方面でインフルエンザが急速に広まり、
夫の会社でもマスクが配られ、東京出張が禁止されたらしい。
友人からも心配のメールが届く。
ありがとう、私たちは元気にしております!!
なんだか騒ぎすぎな気がするのだけれど、圧倒的にマスク率が高い!
今日の電車は70%マスク族でした。
どこの薬局もマスクは売り切れです。
これからどうなっちゃうんだろう、日本。
[PR]
by han-nari-days | 2009-05-19 17:41 | travel/東京