<   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

おくりびと、おめでとう。

今日のニュースはアカデミー賞で持ち切りですね。
それにしても凄い!!
毎週のように水曜日に映画を見ていた時期があって、
おくりびとも一人で観に行っていました。
脚本が小山薫堂さんなんですよねー。
小山薫堂さん、好きです。

あれ?こんな記事書いた記憶があるな??
と思ったらやっぱり書いてました。
10月に観に行っていたんですね〜。
(あれ、リンクが出来ない。。。ゴメンナサイ)

ところで、よーく今朝のニュース等の映像を見ると、
記者会見の席に小山さんの姿が!!!
監督とモックンと広末涼子さんばかりが注目される中、
是非小山さんのインタビューもお聞きしたいわ、と思ったのでした。

それにしても、モックンは大好きだし(かっこよすぎ)
広末涼子さんもデビューした頃から密かに応援している(やっぱham似てるよ!)ので、
そこに大好きな小山薫堂さんも加わり、最高のコラボレーションではありませんか。

監督の「映画は生き物で、いろんな人に育ててもらっていて、成長していくもの。」という言葉が
とても素直に心にすっと入り込んできて、
いろんな人が、たくさんの思いを込めて作ったモノって
やっぱりいろんな人に愛されるし、たくさんの人の生活を彩り、
そして共に生きていき、
そこからまた新たな命が生まれたりするんだな、と改めて感じました。

一つだけミーハー根性で言わせて頂くと、
残念だったのは広末涼子さんには是非着物を着てほしかったということ。
先日の沢尻エリカ様くらいインパクトのあるお着物を着たら、きっと素敵だったのに。
あのペールピンクのドレスじゃパッとしないし、せっかくの大舞台がもったいないわー。

なぁんて、まるでピーコのような発言ですね(笑)

とにかく、おめでとうございました♡
[PR]
by han-nari-days | 2009-02-24 08:02 | movie

太陽の塔。

万博公園にそびえ立つ太陽の塔。
f0179202_2336879.jpg

かわいいい。
近くに寄ったのは初めて。
近くに寄ってもかわいい。
不思議な上向きのパワー、にっこりしたくなるパワーを感じる。
f0179202_23384469.jpg

ついつい同じポーズ、とりたくならない?
ならないって?!
[PR]
by han-nari-days | 2009-02-21 23:42 | travel/大阪

雪の修学院。

昨日の京都は一層冷え込み、マイナス0.3度だったらしいです。
修学院に用事があったので、比叡山電鉄に乗り換える為に出町柳で地上に出たら、
ハラハラと白い雪が舞っていて、それはそれは風情があって美しい光景でした。

修学院とは唐長の工房がある場所で、そこを訪ねて参りました。
唐長とは京都で約400年前に創業した唐紙屋さんで、
二条城や桂離宮をはじめ、ホテルやレストラン、一般家庭の襖紙を、
代々受け継がれてきた板木を使ってしつらえ続けているところです。

ふるいという道具に顔料をぬり、板木と呼ばれる型に色をやさしくのせて、
そこに和紙をそっとのせてバレン等は使わずやさしく手で押さえて
一枚ずつ丁寧に文様を和紙に写し取っていきます。
その作業を何回か繰り返して襖一枚が出来上がります。

その行程を少しだけ拝見したのですが、
非常にシンプルでありながら、繊細で美しく、
故に高度な技術が必要な作業なのだと感じました。

板木の種類は唐長に伝わるもので650種類程あり、
現在は半分くらいを使って作業をしているそうです。
また、板木が傷まないようにと休ませる事もあるそうで、
板木に対する愛情は深く、ものを大事に扱う事の大切さを改めて認識します。

修学院の壁や棚の戸袋などにも唐紙がしつらえてあって、
トーンを落としたアンティークランプから放たれる温かい灯りにともされて
唐紙がキラりと輝く風景は、決して和風ではないし、かといって洋風でもない、
何とも言えない温もりと居心地の良い空間を作り出しているのです。

唐長は生活の一部でありながら、芸術作品なのであります。
美しいものに囲まれた生活。
大好きなものに囲まれた生活。
あぁ、夢のまた夢のようです。。。

唐長11代目当主の奥様は
「これが欲しいと思ったら、すこし我慢してでも手に入れるべし」
そして、「願いは、強く願うべし」とおっしゃいます。
いいものは、やっぱりいいもので、
食器にしても、家具にしても、やはり頑張って気に入った良いものを手に入れたら、
代々受け継いで使えるし、自信を持って使えるし。
すぐに使わなくても、しばらく飾っておいてもいいし、と。

実際に奥様の選ばれる品々は本当に素敵で、
その上使い勝手が良いものばかり。
そのセンスに脱帽です。

唐長には2つのショップと工房があります。
一つは四条烏丸にあるココン烏丸ビルに入っている四条烏丸店。
こちらはカードや便箋、金封などの小物を扱っています。
気軽に唐長の文様を楽しめるように、と11代目当主の長女夫婦がプロデュースしている新しいお店です。

2つ目は三条サロン。こちらは四条烏丸店とはガラリと雰囲気が違ったサロンです。
壁や天井にも唐紙がしつらえてあり、11代目当主の作品が所々に飾られています。
ほのかな灯りの中で浮かび上がるキラが本当に美しく、
広い面でしつらえてある唐紙を見れるので、
実際にどんな感じで生活できるのかを見る事が出来るショールーム的存在でもあります。
洗面所にも唐紙が張ってあり、見所の一つです。

工房は私が今回訪れた修学院にあります。
こちらでは襖や屏風等のオーダーを相談できる場所でもあります。
100〜200枚程あるサンプルもあります。
作り置きがあればすぐにその場で唐紙を購入する事も可能です。
工房は通常一般には公開されていませんが、
奥様とのお話の中で見せてくれるかも?!

この他に、実は非公開の場所がひとつ。
そちらでは展覧会を行ったり、特別なパーティが行われたりしています。
ダイニングも、和室も、廊下も、お手洗いも、リビングの天井、壁にはもちろん唐紙がしつらえてあり、生活と共に唐紙を楽しめる事を実感できます。

唐長。
そこには生活と切っても切れない繋がりがあります。
今は無理でも、いつかは唐紙を貼った部屋で生活してみたい。
二条城や桂離宮で昔のお殿様が過ごした部屋と全く同じしつらいをしてもらう事だって可能なのです。
夢は無限に広がります。
まずは四条烏丸店でカードから、あるいは小さな額から、お皿から、
唐長を生活の一部に取り入れてみてはいかがでしょうか。

良いものは良い。
良いものに囲まれると、幸せ。
ただそれだけなんです。
唐長HP http://www.karacho.co.jp/
f0179202_96336.jpg


f0179202_942883.jpgf0179202_943688.jpg
[PR]
by han-nari-days | 2009-02-18 09:01 | travel/京都

ちゃりんこデート。

週末はエコの波に乗ってちゃりんこでお出かけ。
大阪に初めて来た時はそのちゃりんこ数の多さに度肝を抜かれたものです。
2006年M-1グランプリ(アフリカでDVDにて鑑賞)で圧倒的強さを見せつけたチャンピオン、チュートリアルのネタで「ちゃりんちゃりん」と自転車ネタが使われていたのは、
大阪にとってちゃりんことは切っても切れない縁があるのだと肌で感じた程です。

f0179202_7274634.jpg


そんな事はさておき、

向かったのは天神さま。
梅が咲いているかな〜と期待して長い坂を上る。
ココ2〜3日の温かさもあってか、咲いてました咲いてました♪

f0179202_7254512.jpg

f0179202_727305.jpg



ちょっとだけ運動になるし、行動範囲も広がるちゃりんこ。
これからの季節、登場回数が増えそうです。


f0179202_7303818.jpgf0179202_7305076.jpgf0179202_731496.jpgf0179202_7311470.jpg
[PR]
by han-nari-days | 2009-02-16 07:34 | travel/大阪

うめ。

京都某所。
f0179202_21591218.jpg

梅がぷっくりとつぼみを膨らましていました。
何とも愛らしいさまです。
とある方は花開く瞬間を見た事があるんですって!
ピクって動いたって。
私も見てみたいな。
春が待ち遠しいです。
[PR]
by han-nari-days | 2009-02-12 22:02 | flower

YAO。

先日、とある用事があり主人につきあって八尾という場所に行って参りました。
そこにはアリオという巨大なショッピングモールが存在していました。
全然知りませんでした。
意外や意外、楽しんじゃって、ジャケットを半額でゲット♡
お夕飯も、栗原はるみさんのお店ゆとりの空間で頂きました。
f0179202_857350.jpg

実は、ゆとりの空間はその昔、地元の駅近くのビルの2階にあったのです。
まさかこんな所で出会うとは!!
お店の方に伺った所、レストランが併設されているのは関西では八尾店のみだそうです。
f0179202_8595954.jpg

恐るべし八尾!
もう行く事は無いかもしれませんが、忘れないよ、八尾!
f0179202_8574199.jpg

自分じゃ絶対作る事のない鯵フライ。
美味しかったです♡
トニーくんの鯵フライを思い出していました。
[PR]
by han-nari-days | 2009-02-10 08:55 | food

奇跡。

先日のラグビー観戦で冷えきった体を温めてくれたのは、
コチラ。

f0179202_711626.jpg


misiaのライブに行ってきました〜。
実はチケットを取ったのはたったの1ヶ月前。
つまり発売されてから随分と経っていたのにチケットが取れただけでも奇跡だと思っていました。
だから全く席は期待していなかったのです。

指定されている3F席へ向かうとアルバイトのお姉さんに
「この席は本日使いませんので、こちらよりも良いお席をご用意しました。こちらへどうぞ」
と6列目◯◯番と書かれた手書きのチケットを渡されました。
頭の中は疑問で一杯でしたが、
席をアップグレードしてくれるのだからラッキーだねーとか言いながら
2Fの6列目に着席。
確かにmisiaは近くなったし、
めちゃめちゃラッキーだねー♪と大はしゃぎしていたら、
今度はアルバイトのお兄さんが
「チケットご確認させてもらってよろしいですか」と声をかけてきました。
あれれ、トラブル?!だまされた?!やっぱりこんな奇跡無いよね?!と思ったら、
我々の手書きチケットを見て
「こちらアリーナ席ですね。もう一つ下の階になります。」
って言うのです。
いやまさか〜、と疑いの目で手書きチケットを確認したら、
ばっちり「アリーナ席」の文字。

という訳で、たったの一ヶ月前に取ったチケットが、
なんとなんとアリーナ席6列目に大変身しちゃった訳です。
misiaめっちゃ近い!!!
めっちゃラッキー!!!
来てよかった!!!

こんな奇跡、あるんですね。
misia,ありがとう〜!
[PR]
by han-nari-days | 2009-02-05 07:18 | music

ラグビー。

先日社会人ラグビーを観戦して参りました。
f0179202_975571.jpg

どうして真冬がシーズンなのか、とっても疑問なのですが、
ラグビーもアメフトも冬がメインなので、防寒必死です。
試合はニュース等でもご覧になっていると思いますが、
めっちゃいい試合。
同点で折り返しかと思いきや、SANYOが前半終了間際に得点を入れたり、
サントリーが取り返したと思ったら、また取られたり。
どちらが勝つのか、最後までわかりませんでしたが、
結果はSANYOが32-22で勝利。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090202-00000030-sanspo-spo.view-000
この日、オグシオの塩田選手も来ていたのねー。知らなかった。
[PR]
by han-nari-days | 2009-02-04 09:09 | sports