<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

テレビ出演。

NHK「視点・論点」
改正臓器移植法と課題�
小林昭洋「移植経験から思うこと」
7月30日(木)NHK教育(3ch)
22:50〜23:00(放送)
7月31日(金)NHK総合(1ch)
4:20〜 4:30(再放送予定)

出演するのは私じゃーありません。
2002年に新しい命を生きる事になった友人のテレビ出演です。
「つらいときに読む本」の著者である小林昭洋さんです。
以前にこの本の事はブログで触れた事があります。
http://lejournalh.exblog.jp/i9/
先日臓器移植法(A案)が可決されたのは周知の事。
臓器移植を経験したアキちゃんがどんなお話をしてくれるのか、楽しみです。
臓器移植法については、様々な意見があると思います。
でも、アキちゃんはオーストラリアで臓器移植をして、今を生きています。
私は「視点・論点」を最後までしっかりと見るのは、これが初めてになりそうです。
早速録画予約しましょ。
[PR]
by han-nari-days | 2009-07-24 21:11

山鉾巡行。

少し前の事ですが、
お昼休みにたまたま巡行から帰ってきた鉾の辻まわしを見る事ができました。
f0179202_22562322.jpg

車輪の下に竹を敷いて、水をかけて、一気に引っ張って方向転換をします。
これが想像以上に迫力があって面白かったです。
何人もの人が鉾を引っ張って目の前を通過して行きました。
f0179202_236362.jpg

人の背丈程もある車輪の大きさに改めて驚かされます。
f0179202_238046.jpg

厄よけのちまきも早速玄関先に飾ったし、
これで今年の後半も頑張れそうな気がする〜〜♪
[PR]
by han-nari-days | 2009-07-21 23:14 | travel/京都

天神橋筋商店街。

先日、大阪国立国際美術館へルーブル美術館展を見に行った際に
夫が「大阪で行きたい商店街がある」というので、ついて行きました。
天神橋商店街。
その歴史は長いようですね。
120年!!
f0179202_14175020.jpg

ちなみに長さも日本一だそうですよ。

どうしてもこの板東英二が気になってしまいました。
69歳とは思えない元気な方ですね。
商店街の天井からデカデカと等間隔に下がっていて、
と〜っても目立っていました。
板東英二さん、関西では関東に比べて圧倒的にTV出演率も人気も高い気がします。
下の「ギャルみこし」の文字も気になります。
天神祭は、京都の祇園祭、東京の神田祭と並んで、日本三大祭の一つで、
このギャルみこしは今年で28回目だそうです。
先日、このギャルみこしのオーディションが行われたとニュースで映像と共に流れていました。
俵のようなおもりを左右につけたものを2〜3回「わっしょい!!」と言いながら持ち上げるという、何ともパワフルなオーディション内容となっていました。
http://www.galmikoshi.com/making.html
選び抜かれたギャル達が担ぐ御神輿の巡行は
きっと華やかなのでしょうね〜。

f0179202_14362168.jpg

この日はせっかくなので天神さまにも御挨拶して帰って参りました。
[PR]
by han-nari-days | 2009-07-19 14:43 | travel/大阪

コンチキチン。

コンチキチン。
正直何の事やらさっぱりわかりませんでした。
でも、京都の人にとっては一年で最も楽しみにしている祇園祭の囃子です。
とある京都出身の方は何年かぶりにコンチキチンを聴くとほっと落ち着く、と言っていました。
なんか素敵。
東京の祇園祭みたいなのって何?ときかれ、
麻布十番祭のあの人ごみとなぜか広場に盛られる雪しか思いつかなくて、
なんだかちょっぴりがっかりでした。

さて、7月に入ると、徐々に祇園祭に向けての準備が進められます。
10日には鉾を建て始め、
夕暮れ時にはコンチキチンの音がどこからとも無く聞こえてきます。
そして、17日には最大の見せ場である巡行が行われます。
そもそも祇園祭とは??
祇園祭とは京で疫病が流行した際、広大な庭園だった神泉苑(中京区)に、当時の国の数にちなんで66本の鉾を立て、祇園の神(スサノオノミコトら)を迎えて災厄が取り除かれるよう祈ったことが始まりとされているそうです。(祇園祭2009より)

10日はこんなに小さかった鉾も、
f0179202_17235561.jpg

12日にはこんな姿に!!!
f0179202_17242212.jpg

想像以上に大きくて、驚いてしまいました。
高さ約25m、重量7〜9トンにもなるそうです。
ちなみにこちらは鶏鉾です。
f0179202_17292837.jpg

日が暮れるとコンチキチンの練習が始まります。
f0179202_173143.jpg

ちなみにこちらは函鉾です。
京都の若者は祇園祭で浴衣を着てデートするのが定番だそうです。
若くなくても素敵そうだけれど、年取ると暑すぎてへこたれそうだねーー。。。
f0179202_17332764.jpg

こんな鉾や山が32もあって、しかも重要文化財をある意味積んでの巡行は
本当に見応えがありそうです。
今年は行けなくて残念ですが、来年行けたら行きたいです。
コンチキチンを耳にしながら、暮れて行く京都の町中に灯る提灯の灯りを見てると、
1年前から予約して京都に来る気持ちがわかった気がします。
[PR]
by han-nari-days | 2009-07-14 17:44 | travel/京都

金福寺。

もう随分前のことですが、詩仙堂を訪れた後は金福寺へ行って参りました。
f0179202_22594232.jpg

松尾芭蕉が京都に旅行した際に庭の裏にある草庵を良く訪れた事から芭蕉庵と呼ばれたそうです。
f0179202_230958.jpg

この奥に見える藁葺き屋根の建物ですね。
しかし荒廃していたので、その後芭蕉を敬慕する与謝蕪村が再興したそうです。
f0179202_2371899.jpg

境内には蕪村のお墓もありました。
さらに奥の山を登ると絶景スポットがあるらしいのですが、一人だし、お墓だらけだし、なんだか気が引けてしまいました。
一体どんな風景があったのか、今更ながら気になったりしています(笑)
またお寺に戻って縁側からお庭を拝見していると、静けさで心が洗われるようです。
お昼寝とかしたら気持ちーだろうなー。
f0179202_23112543.jpg

f0179202_234898.jpgf0179202_23105574.jpg
[PR]
by han-nari-days | 2009-07-07 23:12 | travel/京都