<   2010年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

法事@新潟。

2度目の新潟です。
義父、義母、夫と4人のこじんまりした法事でしたが、
亡くなられた方を想い、こうして集う事で
自分にいつかくる命日まで一生懸命に生きることを改めて考える。
そんな機会を作ってくれているのだというお話を聞き、静かに祈る。
とても良い時間でした。
ありがとうございました。
f0179202_10435881.jpg

[PR]
by han-nari-days | 2010-05-25 10:45 | travel/新潟

市井の山居/細川護煕展@メゾンエルメス。

とある雑誌で細川護煕さんの器や書を拝見して以来、
とっても気になる存在です。
丁度銀座で時間が少し空いたので、メゾンエルメスにお邪魔してきました。
何度か8Fフォーラムでの展示は拝見していますが、
改めて素晴らしく贅沢な空間だと言う事に気付かされました。

人もまばらで、ゆっくり作品の数々とご対面。
驚いたのは油絵の数々。
まだ描き始めて1年との事ですが、信じられない。
何でもお出来になるのですねー。うらやましー。
と、
あれ?
見た事ある方が???
なんと!
ご本人がいらっしゃいました!!!!!

「毎週金曜日は来るようにしているんですよ」と
こんな私にも気さくにお話しくださいました。
いや、感激です。
作品の前でご本人にお会いできるなんて、
こんな幸せありません。
伺いたい事は山ほどあるのに、頭真っ白(笑)
普段から鍛えないといけませんな。

もうすっかり縁遠くなってしまったメゾンですが、
お店も少し覗いて帰りました。
嬉しい再会もあったりしてとっても良い時間となりました。

お近くの方は是非金曜日にいらしてみて下さい!
驚きの入場料無料ですしね。

f0179202_841810.jpg

写真:ArtIt HPより

エルメス→http://www.hermes.com/index_jp.html
遊び心に溢れたHP♪かなり好みです。見応えがあります。
maison Hermesのページもありますので「HERMESの翼」からどうぞ。

ArtIt→http://www.art-it.asia/fpage/?OP=hermes
[PR]
by han-nari-days | 2010-05-24 08:22 | travel/東京

岡本太郎記念館。

都会のオアシスで癒された後は腹ごしらえをしてから岡本太郎記念館へ。
根津美術館から徒歩5分くらいです。
岡本太郎が住まい兼アトリエとして使っていた建物だそうで、
それはそれはエネルギーが沢山詰まっていました。
チケット買ったら
「館内撮影自由です」
とのお言葉。
さすが、心が広いです。
奥の方にアトリエらしき空間が見えたので背の低い扉をくぐってみたら、
岡本太郎ご本人がいらしてびっくり!!!!
f0179202_2271752.jpg

マジでリアルでした。
そしてエネルギッシュ!!
指の先からビームが出ているのではないかと思うくらい(笑)

奥のアトリエは無数のキャンバスで埋め尽くされていました。
f0179202_2283419.jpg

写真も多く撮っていらしたようで、
直接作品を手で触りながら鑑賞できる斬新なスタイル。
f0179202_22111757.jpg

パートナーだった岡本敏子さんによって一般公開された記念館だそうで、
なるほど、と深く頷きました。
とにかくキーワードは「エネルギー!!」
パワーチャージさせてもらいました。
[PR]
by han-nari-days | 2010-05-23 22:22 | travel/東京

燕子花@根津美術館。

先日1日だけ東京で過ごす事が出来たので、
関西で一緒で今は東京暮らしのSちゃんに誘われて根津美術館へ行って参りました。
リニューアルしてからは初めて。
とっても素敵な空間でしたー。
国宝燕子花屏風とのご対面はこれが初。
プリント類からは伝わる事のない色彩に驚きました。
どんなものでも、やはり本物にはパワーがあります。
予想を超える迫力でした。
f0179202_21453847.jpg

いや、待てよ、改めてこのチラシを見ると、
また色の捉え方が違って見えてきたではありませんか。
人間の目って不思議だわー。

その他のコレクションも見応え十分でした。
特に古代中国(BC13とか!)の青銅器コレクションではその精密さに脱帽。
文様にもいちいち大興奮なのでした(笑)
f0179202_2153106.jpg

この日は日差しが強く、気温も上がる一方。
でも一歩お庭に出ると日陰はひんやりとしていて心地よく、
大都会のど真ん中にいる事をしばし忘れました。
f0179202_21473019.jpg

本物の燕子花は残念ながら見頃を過ぎていましたが、大満足!
ココはまさしく都会のオアシスと言えるのでは。
マイナスイオンをこれでもかと吸い込んで参りました。
f0179202_214974.jpg


根津美術館→http://www.nezu-muse.or.jp/index.html
[PR]
by han-nari-days | 2010-05-23 21:56 | travel/東京

ルノ。

日曜日は夫とルノワール展へ。
モネとも親交が深かったというルノワール。
モネの肖像画が印象的です。
煙草をくわえて優しいまなざしで新聞に目を向けるモネの姿。
信頼の出来る友にだけ見せる素の姿のように見えました。
モネとルノワールの筆先から生まれるあの優しい色使いは
この肖像画から伝わる2人の人間性から生まれたものなのかもしれないとふと思いました。
それから、アルジェリアへの旅から戻って来て描いたという風景画。
特に特徴はないけれど、水があって花が咲いていて、とても穏やかで落ち着いた雰囲気。
それまでは気付かなかったけれど、自分がいかに美しい所で生活していたのか改めて気付き描いたと説明されてありましたが、これには深く共感しました。
美しいものは本当はとても身近にあるはずです。

http://www.renoir2010.com/index.html
[PR]
by han-nari-days | 2010-05-18 08:00 | travel/大阪

ライブとスポーツ観戦。

f0179202_9195528.jpg

5/15は女性限定ライブ@大阪城野外音楽堂。
良い天気!!
野外でのライブは初めて。
もちろん女性限定も。
周りの女子はみんな手の甲にまで日焼け止めを塗りぬり。
忘れたし。。。
念の為に持っていった帽子が大活躍でした。
まさかの昼〜夜までのロングライブだったので、
夕方に夫の試合があった私は始めの3組だけ聴いて会場を後に。
残念でしたが、お目当てのあの方は奇跡の2番手!!
日頃の行いが良かったとしか思えません(笑)!!
f0179202_9223492.jpg

夕方は夫の試合@王子スタジアム。
ポジションが変わったので、試合を見るポイントが変わって面白い。
アメフトは本当に奥が深い。
f0179202_9262170.jpg

いつもの駐車場は縁日で盛り上がってましたー。
f0179202_9274431.jpg

季節もいいし、イベントだらけ。
体がいくつあっても足りないよー!
[PR]
by han-nari-days | 2010-05-17 09:30 | travel/大阪

そらまめー。

たまに行く八百屋さんで
「3キロさんびゃくえーん!!」とおねえさんがおっきな声を出していたので、
思わず買っちゃった。
ドン!
f0179202_1013315.jpg

そらまめー。
皮付きのままグリルで焼いてお塩で頂く♪
うまし!!
あとは取り出してサラダに♪
うまし!!
少し冷凍して、スープとかに使おうかな。
お料理の写真を撮るのを忘れました。。。

f0179202_1093595.jpg

[PR]
by han-nari-days | 2010-05-12 10:10 | food

青木さん&岡崎さん。

昨日はとっても嬉しい事がありました!
兼ねてから憧れていていつかは手元に器が欲しいなと願い続けていた陶芸家の青木良太さんと岡崎裕子さんにお目にかかることが出来ました!!!
大阪のアートサロン山木で行われているグループ展のオープニングに勇気を出して行って参りましたー。
f0179202_11521267.jpg


青木さんの器との出会いは関西に引っ越して来てから。
京都でどこかのギャラリーで器を拝見してからいつかは欲しいな、と密かに思っていました。
名前をメモしてね。(でないとすぐに忘れる私。。。)
情熱大陸に出演された時はびっくりしましたが、
本当に素敵な器をお作りになります。
個人的には白い器が好き。
質感がたまらなくしっとりとしているのです。
そしてフォルムも美しくて、繊細。
実は先日東京に帰った時に二子玉川のカフェLisetteで頂いたカフェオレが青木さんの器だったんです。
その時は「どっかで見た事あるなー」としか思わなかったのですが(笑)
手に馴染む感じもとても良くて、更にもの凄く美味しかったんです!!!
そしたらその器が目の前にあるではありませんか!!!
これは、とお家に連れて帰っちゃいました。
美味しいカフェオレをつくれるかは疑問ですがね(笑)
f0179202_11223377.jpg

青木さん曰く「ホワイトチョコ」の質感だそうです。
なるほど。納得です。

そして、岡崎裕子さん。
私が陶芸を始めたのを知り、夫の友人からブログを紹介して頂いたのが出会いです。
以来ずっとブログを拝読しておりました。
最近ではメディアにも沢山出られていて、目にされた方も多いのではないかと思います。
とーってもお奇麗でした。本当に。
オーラがあるというか、キラキラしてるというか。
姉妹校出身と言う事で勝手に親近感を持っていましたが、とんでもなかった!!!(笑)
なかなか岡崎さんの器が関西に来る事がないので、
せっかくですし、小さいものですが1つお持ち帰りしました。
どっしりと重みがあり、存在感と安心感があります。
トンボの文様が素敵です。
f0179202_11335430.jpg

お茶を頂くのが楽しみ♪


青木良太さんHP⇨ http://www.ryotaaoki.com/top.html
岡崎裕子さんHP⇨ http://yukookazaki.com/
[PR]
by han-nari-days | 2010-05-11 11:59 | utsuwa

新緑まぶし。

f0179202_1256138.jpg

新緑がまぶしい季節です。
f0179202_12313325.jpg

ツツジを愛でに長岡天満宮へ。
でも残念ながら、ほぼおわってたー。。。
暑かったもんね。そうだよね。
f0179202_12325985.jpg

少しだけ残っていた所をパシャリ。
f0179202_12372644.jpg

藤もきれいに咲いてました〜。
藤ってこうして奇麗に棚を作ってあげているものしか見た事がなかったのですが、
車で山の上の方へ移動していくと、野生の藤を発見!
周りの木々に助けられながら奇麗な紫色のお花を咲かせていました。
本来はこうして生きているんですね!
f0179202_12395251.jpg

わかりますか??
さて、楊谷寺と言うお寺さんへ。
f0179202_12514697.jpg

弘法大師が度々参拝されたお寺さんで、ある時、目がつぶれた小猿を親猿が一心不乱に目を洗っている姿を見かけ、小猿の為に17日間のご祈祷を行うと小猿の目がぱっちりと開いた、というお話があり、以来この不思議な湧き水を眼病にきく冷水にしようと決意、現在でも沸き続けているそうで、独鈷水(おこうずい)と呼ばれています。
せっかくですから少しだけ目を独鈷水で清めました!
眼病にかかりませんように。。。
実は紫陽花が有名なお寺さんのようで、またその時期に来てみたいと思ったのでした。

f0179202_1252164.jpg
f0179202_12522578.jpg
[PR]
by han-nari-days | 2010-05-09 12:58 | travel/京都

長谷川等伯。

長谷川等伯展、行ってきました。
閉館1時間前は待ち時間ゼロで入館!やった!
でも中は人で溢れていましたがね。
やっぱりキラ刷りの桐の襖に目が釘付け。
「桐と墨のコントラストが絶妙」とかなんとか書いてあった気がするけれど、
コントラストというか、わざわざキラ刷りの紙を選んだのかなーと少々疑問に感じてしまった。
不思議な襖絵でした。
等伯の事は何も知りませんが、作品を眺めているうちに、
その作風から大胆な人柄だったのではないかと勝手に想像したりしました。
墨絵も素敵だけれど、金をふんだんに使った作品も華やかで好きだなー。

f0179202_9194154.jpg

[PR]
by han-nari-days | 2010-05-09 09:20 | travel/京都