<   2010年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ありがとう直島。

f0179202_21245039.jpg

f0179202_2125553.jpg

f0179202_2131765.jpg

f0179202_21334473.jpg

f0179202_21313886.jpg

f0179202_2134536.jpg

f0179202_2134568.jpg

f0179202_21373858.jpg

f0179202_2141467.jpg

f0179202_2142178.jpg

[PR]
by han-nari-days | 2010-08-31 21:41 | travel/直島

直島ー家プロジェクトー。

直島を訪れるお客様の数は年々増え続けているそうですが、
逆に直島の住人は減少しているそうです。
f0179202_19195857.jpg

家プロジェクトは、空き家になった家を再生し
地域とアートが一体となったプロジェクトです。
一番行きたかったのは杉本博司の作品「護王神社」です。
f0179202_18581921.jpg

私の記憶が正しければ2003年頃でしょうか、
メゾンエルメスのフォーラムで行われていた杉本博司さんの展覧会で目にした護王神社のミニチュア(だったと思います)が記憶の片隅にこびりついていて、
いつかは本物を観に行きたい!と願っていたのです。
ガラスの階段と瀬戸内海を望める小さな窓が印象的だったのを覚えています。
f0179202_19836100.jpg

本物を見た今は、もう一度あの時の展示が見たい!!と思ってしまいました−。
f0179202_19294369.jpg

ガラスの階段は今にも溶け出しそうなくらい氷にみえて、涼を感じることができました。

この他、だいたいの家プロジェクトを見て回りました。
こんなところにもかわいらしいアートが!!
f0179202_1993990.jpg

毛糸一本で作り上げるほのぼのアート。
f0179202_19304228.jpg

大竹伸朗さんの「はいしゃ」
f0179202_19135133.jpg

などなど。
f0179202_18562183.jpg

家プロジェクトの拠点、本村アーカイブではお水が飲めたり、お手洗いを借りたり、お世話になりました。
お土産も買いましたー。
中もおしゃれデス。
f0179202_19191975.jpg

最後に、直島を離れる前に宇野港の近くのI♡湯も外観だけみてきました。
f0179202_1922571.jpg

おもしろすぎる(笑)
次回は是非入浴だな。
[PR]
by han-nari-days | 2010-08-31 19:33 | travel/直島

直島ー安藤忠雄の島ー。

いよいよ念願の直島へ!!
f0179202_6495144.jpg

いつかのNHKで「島が丸ごと安藤忠雄の美術館になっている」ことを知り、
どうしても行ってみたかった場所です。
数多くの美術館を設計している安藤忠雄さんですが、
美術館としては直島の作品が一番最初の作品だそうです。
f0179202_7271026.jpg

今まで行った安藤忠雄建築の中で間違いなくNo.1!!!
素晴らしかったです。
特に地中美術館のスロープに感動。
アートと建築がまさしく一体となっていました。
ベネッセミュージアムでは真っ白な壁一面に泥のサークルを大胆に描いたリチャードロングの作品に対して、
安藤さんは「せっかくのきれいな白い壁が。。。」とおっしゃったそうです(笑)
考えようですが、中に入るものによって大きく建築自体の印象は変わってしまうもの。
建築家ってなんだか切ないです。。。
最近出来たリー・ウーファン美術館のエントランスも素晴らしかった!!
f0179202_76445.jpg

何故か何年も前に訪れた銀閣寺の入り口を思い出しました。
f0179202_745390.jpg


奇跡的に宿泊できたベネッセハウスも安藤建築。
安藤さんにしてはめずらしく木を多く使ったパーク棟です。
f0179202_722230.jpg

地下は杉本博司ワード!!
f0179202_7331240.jpg

まさしく美術館の中に泊まっている感覚です。
[PR]
by han-nari-days | 2010-08-31 07:34 | travel/直島

大原美術館。

f0179202_8164354.jpg

画家児島虎次郎を記念して実業家であった大原孫三郎が建てた
日本最初の西洋美術中心の私立美術館だそうです。
現在の倉敷を支えていると言っても良いのではないでしょうか。
孫三郎は虎次郎の美術に対する姿勢や才能に惚れ込み、
欧州への留学を支援しながら、彼のセンスを心から信じ、美術品の買い付けを任せます。
それが現在の大原美術館のエル・グレコやゴーギャン、モネ等のコレクションです。
f0179202_8211767.gif

本当に素晴らしいコレクションでした。
虎次郎が直接モネらから買い付けていたというから、凄いです。
戦争の影響から西洋美術が受け入れられない時代等を乗り越え、
西洋美術だけではなく、民藝運動に関わった人のコレクション等も展開し
西洋から東洋、エジプトの作品までを収蔵する独特な美術館として存在し続けています。
孫三郎が生涯信頼し続けた児島虎次郎の作品もまた、素晴らしかったです。
すぐ近くにある児島虎次郎記念館へも足を運びました。
f0179202_8184920.jpg

もう感動しまくり。
東京美術学校西洋画科選科を2回飛び級して首席で卒業したそうです。
圧倒的才能!!!
当初行く予定がなかったのですが、行ってよかった!!!
f0179202_81913.gif

[PR]
by han-nari-days | 2010-08-30 08:34 | travel/岡山

倉敷。

さて、旅の続きです。
岡山で途中下車を終え、いざ倉敷へ!
美観地区はその名の通り、美しくて、タイムスリップしたかのような感覚に。
f0179202_840544.jpg

休館日の多い月曜日だったからか、人はまばらでゆっくりできました。
f0179202_9455148.jpg

今回の目的のひとつ、大原美術館は次の日に取っておいて、
倉敷民芸館へ。
江戸時代後期の米倉を改装して作られた倉敷民芸館。
大原美術館を作った実業家の大原孫三郎氏は柳宗悦氏とも交流があり、
実現できなかった柳さんの思いを、
大原孫三郎氏の息子である總一郎氏が実現に向けて力を注いだそうです。
f0179202_8411079.jpg

お客さん、私ひとり。
ラッキー♪
f0179202_8412499.jpg

暮らしのなかに身近に存在する道具や家具、器を見ては
実際に使われていた時の事に思いを巡らせ、
わくわくしてきてしまいます。
f0179202_98559.jpg

遠いアフリカを彷彿させる椅子や布等もあり、
世界はひとつ、世界は繋がっていると言う事を改めて考えたりします。
f0179202_9111528.jpg
f0179202_911471.jpg

民芸館を後にしてからは、三宅商店へ。
f0179202_9145384.jpg

江戸後期の町家をカフェにしている所です。
とにかく暑いので、ここはやっぱりかき氷!!
朝採れ桃もかき氷に。
f0179202_913883.jpg

実際に桃の果実が乗っかっていて、甘すぎずさっぱりと頂きました!
氷はじゃりじゃり系、
味3氷2総合3。
f0179202_915938.jpg

夕方になると、一気に街が静かになりました。
倉敷の街自体はこじんまりとしていて一日で歩き回れるくらい。
調度良い運動になりました。
[PR]
by han-nari-days | 2010-08-29 09:46 | travel/岡山

岡山。

f0179202_2262520.jpg

岡山に行く事自体が初めての私。
わくわくドキドキです。
新大阪から1時間もかからずに行けるなんて、近いですね〜。
倉敷に直接行く予定でしたが、
急遽、岡山で一時下車する事を決めました。
だって、せっかく来たので日本三名園、後楽園を見ていかなくちゃ。
と言う訳で、岡山駅からバスで移動。
普通に女子学生達が「それダメじゃろ〜!」とか楽しげに話しています。
岡山に来たなと実感した瞬間です。
降りないのにボタンを押してしまって、わざわざ運転手に直接謝りにいってました。
なんて素敵な光景なのでしょう。
早速気に入りました、岡山。
f0179202_21511854.jpg

さて、後楽園は想像以上に広かった!
f0179202_21521193.jpg

そして暑い。言いたくないけれど、ほんとに暑かったー。
f0179202_21522325.jpg

庭園に畑や茶畑があるのが面白いです。
f0179202_21574519.jpg

流店と呼ばれるこの建物は、中央に水路を通し、藩主の庭廻りや賓客の接待などで休憩所として使われたそうです。
早速私も休憩〜。
f0179202_21575543.jpg

ありがたや〜。
あまり時間がなかったので、さささーっとお庭を回り、
岡山駅に向かいました。
出口にあった郵便ポスト。
斬新です!!
f0179202_22345100.jpg

なんと園内で8羽もタンチョウが飼われているそうです。
みたかったなー。
[PR]
by han-nari-days | 2010-08-27 22:13 | travel/岡山

なんかハズカシイ。

さて、夏休みに倉敷&直島へ行って参りました。
ものすんごい暑かったけれど、しょうがない。夏だもんね。
非常に楽しい旅でした!!
旅行記を始める前に、こんなお菓子を皆様にご紹介。
その名も衝撃の「MAYOおかき」!!!
大阪限定だそうです。
その存在は夫から教えてもらっていましたが、
実物を新大阪駅で見つけました。
そしてやっぱりどうしても購入せずにはいられず(笑)
f0179202_2184099.jpg

このゆるキャラには「MAYOフレンズ」なるものもいるんです。
f0179202_2152824.gif

この白い丸と棒状のものは何かと思っていたら、ポテトとマカロニだったのね(笑)
なんだかそのストレートなネーミングにハズカシイわたしなのでありました。
[PR]
by han-nari-days | 2010-08-26 21:17 | sweets

よしもとライブ

f0179202_953784.jpg

突然舞い込んできた吉本の芸人さんのライブのチケット。
お笑いライブって学生の時に行った事あったけれど、
会場がガラガラだったのを思い出します。
でも、吉本の芸人さんはもの凄い人気!
はんにゃ、モンスターエンジン、ジャルジャル、NON STYLE、トータルテンボス、フットボールアワー(出演順)
特にNONSTYLEの人気ったら、きゃ〜と黄色い声援が飛び交う程の人気。
おばちゃんびっくりだよ。
さすがM1のチャンピオンだけあり、面白かったー!!
一番笑ったのはジャルジャル!
お腹抱えて、涙が出る程笑いましたー。
やっぱジャルジャル好きだわー。
笑う門には福来る。
喧嘩してても、お笑いの話をする時は笑顔になります。
笑いの力って偉大だわー。
[PR]
by han-nari-days | 2010-08-22 09:05 | travel/大阪

弥次喜多さん。

誰も待ってないかもしれないけれど、お待たせしました!(笑)
かき氷ネタでございます。
四条河原町を南に2筋下がり東に入った所にある弥次喜多さん。
立地条件最高です。
この日は五山の送り火と言う事もあり、浴衣姿の人や遠方から来た人等で賑わっていました。
定番、宇治金時白玉を注文。
f0179202_21573459.jpg

この匙のささり方、いいんでしょうか。
氷はしゃりふわ系。
白玉小さめで食べやすい。
抹茶は甘すぎず、むしろ苦めでうまし。
残念だったのは、氷から冷凍庫のかおりがしてしまった事。。。
これはイタイ。削りどころが悪かったと思う事にします。
味3氷3総合3。
ごちそうさまでした。
f0179202_220482.jpg

[PR]
by han-nari-days | 2010-08-20 22:02 | 氷2010

石釜pizza。

かき氷は少しお休みして(笑)、ずっと気になっていた二十四節記へ行って参りました。
丁度こちくら市も行われていて、出店(と言うよりはマルシェと言った雰囲気かな?!)
まるでヨーロッパの田舎町に迷い込んだ感じ。
f0179202_8333440.jpg

カフェでは注文してから石釜で焼いてくれる石釜ピザを頂けます。
f0179202_8255789.jpg

あっちち。
これは夏場は大変そうだわ。
でも石釜担当のお兄さんは終始笑顔!エライ!

さて、好きなトッピングを3種選びます。
f0179202_825443.jpg

私たちは、青なす、無添加オリーブ、コリンキー(南瓜の一種)にしました。
生地は薄くて好み♪
ピリリと辛いオリーブオイルをかけたら、ん〜美味!
f0179202_831948.jpg

雑貨屋さんやお花屋さん等もあり、
いつかもしかしてマイホームを建てる事なんかがあるとしたならば、
壁はもちろん漆喰だね!とか、こんな洗面台ステキ!とか、キッチンはタイルに決定!など、
夢膨らむ時間となったのでしたー。
[PR]
by han-nari-days | 2010-08-15 08:51 | travel/大阪