<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

芸術散歩2010@六甲。

f0179202_18382146.jpg

ケーブルカーに乗って、
f0179202_18384569.jpg

六甲山で行われている芸術散歩なるものに行って参りました。
f0179202_18321624.jpg

まずはホールオブホールズ六甲というオルゴールの博物館へ。
f0179202_18324711.jpg

ひとりでに動き演奏し続けるアコーディオンとかマラカスとかドラム。
う〜ん、結構不気味なのは私だけかな。。。
サーカスとかにありそうな感じ。
これも立派なオルゴールだそうです!

ところで、
この日私の心をつかんだのはコチラ↓
f0179202_18342474.jpg

その名も「蓑虫なう」
これも現代アート?!
Twitterでつぶやいているらしいです(笑)
確かに左手にはしっかり携帯電話が!!
一日この姿で通る人々とコミュニケーションを取っているらしいです。
めっちゃ笑顔で、フレンドリーな蓑虫なうでした。
f0179202_18362759.jpg

[PR]
by han-nari-days | 2010-10-25 18:49 | travel/兵庫

献茶式@平安神宮。

先日平安神宮で行われた献茶式に行く機会がありました。
f0179202_2238555.jpg

季節外れの桜が咲いたとニュースになっていたそうで、左近の桜には人だかりが出来ていました。
f0179202_22405758.jpg

本当に咲いていました。
今年の猛暑は人間にとっても辛かったですが、
植物にとっても大変だったんですね。

さて、この日は家元がお茶を点てられる姿や
神楽の「平安の舞」等も拝見できたし、
普段は入れない貴賓館で一服頂く経験が出来たのは、とても良い経験になりました。
f0179202_22393858.jpg

観光できていた外人さん達は「結婚式かしら?!」と着物姿で溢れる境内を眺めていました。
確かに、結婚式のように見えるかもねー。
私は沢山のお着物姿の方を見てたら、
ますます自分のが欲しくなってしまいました。
いつかはお着物でお茶会に行けたらいいな〜!
近いうちに必ず手に入れたいな!

貴賓館の床の間はゴージャスで広い!
f0179202_22544296.jpg

そして中からお庭を望めば、目に飛び込む風景に感動せずにはいられません。
f0179202_22381861.jpg

正客と半東さんの間で繰り広げられる専門用語満載のトークには
全くついていけないド初心者ですが、
ホンモノのお道具や軸、香合などを拝見できるのは本当にありがたい事です。
瓢樹さんの点心も頂き、シアワセ〜!
f0179202_22463438.jpg

お茶習ってよかったな。
一緒に習っている方達と橋殿でおしゃべりの花が咲き、楽しく贅沢な時間♪
f0179202_2249449.jpg

静かで穏やかでちょっと刺激的なとある日の午後なのでした。
[PR]
by han-nari-days | 2010-10-20 23:02 | travel/京都

滋賀旅。

f0179202_21245344.jpg

夫の試合が彦根で行われる為前日入りをしました。
比叡山〜佐川美術館〜彦根。
f0179202_21145374.jpg

沢山の”気”が集まっていると聞いていた比叡山。
爽やかなお天気もあって、清々しい気持ちになりました。
f0179202_21151551.jpg

佐川美術館。
Sちゃんのおすすめの美術館だけあって、素敵でした!
特に樂吉左衞門館は見応えありましたー。
お茶室はまた改めて予約してからくるとします。
f0179202_2115283.jpg

国宝に指定されている彦根城は小振りで可愛らしい外観。
バッチリ左右対称ですなー。
f0179202_2135459.jpg

石好きにはたまらない石垣の姿(笑)
f0179202_21253390.jpg

至る所で見られた「本日のひこにゃん」(笑)
ひこにゃんも忙しくて大変ですね!
f0179202_21161242.jpg

そして、滋賀と言えばやっぱり琵琶湖!
実は初めての琵琶湖。
まるで海のようだと言う噂は本当だと実感!
そして海よりも穏やかで静かで眺めているとなんだか落ち着きます。
滋賀っていい所だな〜♪
試合も勝利し、楽しく滋賀ステイを終えることが出来ました♪
f0179202_21295538.jpg

[PR]
by han-nari-days | 2010-10-19 21:34 | travel/滋賀

Shopping♪。

女子2人が集まれば、やっぱりショッピングー。
London→
①Covent garden
f0179202_22551563.jpg

私の場合海外に行ったら靴探し!というわけで、靴屋さんをはじご。
でもロンドンでは気に入る靴に出会えず。。。
妹にもっと明るい色を着ましょう!とアドバイスされ
柄モノのロングワンピを購入ー。
考えてみればひとりでお買い物をする事が多かったココ数年。
誰かにアドバイスされるというのは新鮮で嬉しいものですな。
Appletree Boutiqueというお店(※写真はお店ではないです!)
お手頃で可愛いお店でした♪
ポートベローにもお店がありましたよん。

②Portbello market
f0179202_22565746.jpg

とにかくもの凄い人でしたー。
一日だけでは欲しいものに出会えませんでした。
f0179202_2259069.jpg

とあるお店で可愛らしい指輪を見つけるも、
ケースからなかなか出して見せてくれない店番のおじいさん。
「これはヴィクトリアンの高い指輪だからね」って、それでも言ってる値段は2〜3万円。
えっと、20〜30万じゃないよね?!
買わない(いや、買えない)だろうと判断された私達。
一体いくつだと思ってんねん!!
そんなにお金なさそうに見えるかいな!!
と突っ込んでみたりして。
そこで
「だったらマケてよ!」と言っておけば良かった!!
くやすぃ〜!

③Liberty
建物自体が可愛らし過ぎます。
f0179202_2302551.jpg

落ち着いてて素敵な空間でした。
f0179202_2322641.jpg

1875年に開店した当初はたったの2人の従業員で
その内のひとりは日本人の少年だったそうです(!)
みるみる業績を伸ばし、お店を広げ、
この有名なチューダーハウスは1924年に建てられたそうです。
しかも船を解体した木材を使って!
意外な歴史が詰まったLibertyなのでした。

Paris→
MaraisとSt Germainを歩きまくりましたー。
f0179202_23302572.jpg

パリはキュンキュンするものの宝庫ですね!
ショッピングするならパリですね。
やっぱり可愛かったな〜♡
皆がパリに恋する気持ちを改めて理解した次第でございます。
[PR]
by han-nari-days | 2010-10-14 23:32 | travel/london

Paris。

f0179202_047739.jpg

パリへの移動はユーロスターで2時間半。
大阪〜東京みたいなもんです。
近い!
f0179202_0464929.jpg

ずっと雨だったロンドンとは打って変わってパリは晴れ!!
それだけで印象が随分と違うものです。
f0179202_048654.jpg

地下鉄もとってもおしゃれ〜!でっす。
f0179202_054312.jpg

行きたかった話題店「MERCI」にて妹が撮った写真。
かわいい♡
パリに来て気分がアガル姉妹(笑)
パリではひたすら歩く!
f0179202_052339.jpg

それだけで楽しい!
f0179202_0533439.jpg

そしておいしい!!
f0179202_0545910.jpg

パリが人気の所以を身をもって実感した次第です。

でも行かれる皆様、こんな事はあまり言いたくありませんが、
地下鉄ではお気をつけあそばせ。
イケメンにいきなりフランス語で話しかけられても気をとられてはいけません!
あなたのバッグに小さい子の手が既に伸びていますから!!
逃げる隙もないくらいに近寄ってきますから、
そこは思い切って無理してでも振り払って下さい!!
私がそうしたように!!
[PR]
by han-nari-days | 2010-10-14 21:10 | travel/london

Tate Modern& The Wallace Collection&Courtauld Gallery&Victoria&Albert Museum

限られた時間の中でロンドンでは4つのギャラリーに行くことが出来ました。
①Tate Modern
f0179202_23485618.jpg

Tate Modernでは子ども達が展示してある絵を模写している姿が可愛くて可愛くて。
海外の美術館だと学生が名画を模写していたり、おじいさんが絵はがきを水彩で描いていたり、
そして子ども達が団体で床に座ってレクチャーを受けている姿を良く見かけます。
特にロンドンでは多かった印象です。
f0179202_23474657.jpg

アートがきっと見直に存在しているのでしょう。
多くの美術館が無料だという事もあるかと思います。
写真はフラッシュなしであれば許可されている事も多いです。
ペンを持っていたり、ガムを噛んでいるだけで注意されてしまう日本の美術館に
外国人はきっとビックリしてしまうのではないでしょうか。。。
とにかく自由でした。
特にTate Modernではそう感じました。
f0179202_23493854.jpg

最上階のカフェは眺めが良くてスタイリッシュ!
お味は気にしない!!(笑)

② The Wallace Collection
f0179202_044589.jpg

英国在住の友人のお気に入りエリアだというメリルボーンハイストリートへ。
本屋さんや魚屋さんが並じゃなくおしゃれ!!
f0179202_054344.jpg

f0179202_055519.jpg

近いし、せっかくだからと立ち寄ったのがこちらのギャラリー。
サーリチャードウォーレスの個人コレクションを
元邸宅を美術館としてオープンさせた所です。
それはもう豪華絢爛!
ミニチュアベルサイユ宮殿かと思いました。
絵画から武器に至るまでかなり充実したコレクションでした。
スペインやフランドルの絵画は見応え充分でした!

③Courtauld Gallery
どの人に聞いてもここを一番にお勧めされるだけあって、
素晴らしいコレクションでした!!
こじんまりしていながら、名画がずらりと並び、
ゆったりと鑑賞できるギャラリー。
入ってみて昔このピアノ(では無いか?!)と一緒に写真を撮ったを思い出しました。
f0179202_095845.jpg

特に印象派の絵画が充実しており、
おなじみゴッホやルノアール、モネ、セザンヌ等の絵画がゴロゴロとかかっています。

④Victoria&Albert Museum
f0179202_0213667.jpg

今回の旅でどうしても行きたかったV&A.
目的は日本のコレクション、だったのですが。。。。
残念ながら改築に伴い日本エリアだけクローズ。。。
f0179202_0181395.jpg

なんてこった。
仕方が無いのでキラキラの宝石達と布コレクションを見てきました。
f0179202_024836.jpg

それからウィリアムモリスの喫茶室も。
f0179202_0201570.jpg

とにかく館内は広大なので文様探しに的を絞って館内をダッシュで回りました(笑)
f0179202_0211489.jpg

何かの文様に似ている?!床のモザイク。
f0179202_0272045.jpg

現代的なライトとマッチするステンドガラス。


以上、4つのギャラリーを駆け足で振り返ってみました。
もっともっと行きたい所があり、とてもじゃないけれど時間が足りませんでした。
いつかまた行く時の為にとっておく事にします。
今度はいつ行けるのかな〜。
[PR]
by han-nari-days | 2010-10-14 00:27 | travel/london

Back Stage、STING!


ヴァイオリニストのKとパートナーのJさんは
現在StingのヨーロッパツアーでRoyal Philharmonic Orchestraの一員として、
(しかもJさんはヴァイオリンのリードとして!)一緒にヨーロッパ中を駆け巡っていて、
たまたま私の予定とイギリスでのコンサートの日にちが重なり、
運良く会うことが出来たのです。

実はチケットが余っていたらお願い…とKに頼んでいたのですが、
既にSold Out。そりゃそうです。
世界のStingですもの。
f0179202_2011302.jpg

でもなんと、二人の計らいでコンサートはダメだけれど音合わせなら、と
BackStagePassを用意していてくれたのです!
会場は憧れのRoyal Albert Hall.
f0179202_2032690.jpg

扉を開けるとステージには普通に談話するStingの姿。
白いシャツに紺色のセーターにデニム。
まぁ、なんて素敵な紳士のでしょう!
もう大興奮!!!
中央の5〜6列目辺りの席で拝見してしまいました。
周りには家族や関係者のみ。
なんて贅沢!!!
ほどなくして、練習が始まりました。
Jさん、なんとスポットライトを浴びてソロを弾いています!
カップケーキをお茶目に食べていた姿とは大違い(笑)
20〜30分くらい練習した後、二人とお茶でもしましょうと、
外は大雨だしホール内の飲食スペースへ。
そこでなんとSTINGご本人とすれ違ってしまいました!!
何やらお椀のようなものを持っていましたが、
K曰く、専属のコックさんがマクロビフードを作るんだそうです。
あの完璧に近いBODYは、そういう事だったんですね。
2人のお陰で、本当に素晴らしく良い経験ができました。
「本番はもっと素晴らしいステージだよ!」とK。
やっぱりせっかくなのでステージも見たくなってしまいました。
当日分なら少しあるかもとチケットを確認しにいくと、1枚だけ残っているとの事。
ボックス席のパーシャルビューだから、あまりおすすめはしないよ、とチケット売りのお兄さん。
押し売りをしない所にRoyal Albert Hallの品格を感じました。
これはやっぱり私の為に残された1枚なのではないか?と思い、
チケットを購入!!
本番のステージまで見てきちゃいました!!
f0179202_2045181.jpg

心配された席は全く問題なく、
正面のとても良い席♪
しかもボックス席の一番後ろは私にとっては都合がよく、
誰にも見られずにノリノリで踊ることが出来ました(笑)
ちなみに前の席の4人は足をゆらす程度。
マナーが良いと感心していたら、
会場全体は普通にフラッシュでバシバシ写真をや動画を撮ったりしていました。
正直これにはビックリ。
日本ではあり得ない光景でした。

この日はStingの59歳の誕生日!
オーケストラがHappy Birthdayを演奏しました。
天井からはカラフルな風船が放たれ、Stingは客席から投げ込まれる風船の埋もれて歌っていました(笑)
とても59とは思えないパワフルな歌声に、オーケストラの迫力あるストリングス!
これまでのツアーの中でも、一番盛り上がったというこの日に観に行けて、
本当に幸せでした♡
K&Jさん、本当にありがとう!!!

↓やっぱり誰かがアップしていた(笑)ちょっと拝借!

[PR]
by han-nari-days | 2010-10-11 20:28 | travel/london

再会。

ナイジェリアでお世話になったSさんには
ロンドンについたその日にお会いしました。
相変わらずゴージャスで素敵なSさん。
憧れの奥様です。
ロンドンで一番話題だというイタリアンに連れて行ってくれました。
活気があって、満席!イタリア人のスタッフもノリノリ♪
まだ頭がボーっとしていて、写真を撮るのを忘れてしまった。。。
常に私達の事を心配して下さったSさん。
ありがとうございました!
あのホテル、結果的にとても良かったです♪

もうひとり、会う約束をしていたのは中学の同級生K。
ロンドンで活躍するバイオリニストです。
NYで行われた友人の結婚式で中学卒業以来会ったのが2年前。
今回はパートナーのJさんも一緒に♪
大人気だというカップケーキ屋さんに連れて行ってくれました。
the hummingbird bakery
これがロンドンとは思えない可愛らしいサイズ(笑)
そして美味〜!
f0179202_818143.jpg

実はこの後、2人の計らいでとんでもない経験をさせてもらうことになるのです。
このお話はまた今度!
[PR]
by han-nari-days | 2010-10-11 08:42 | travel/london

思い出を辿る旅。

今回の最も重要な目的のひとつは幼少の頃一緒に遊んだLisaとStephenに会う事。
3歳〜8歳までを過ごした家と学校を訪ねる事です。
ロンドンからもの凄く遠い場所だと思っていたそこは、
市内から電車でわずか20分足らず。
緑に溢れた可愛らしい街でした。
私の記憶が正しければ、
当時の電車の席は個室になっていて、
木製の重たいドアを自分で開け閉めするものでした。
8歳で日本に帰ってきた時に、
自動的に開く電車の扉と、横一列に並ぶ席に驚いた記憶があります。
あれからもう25年も経っているなんて、とても信じられませんが、
確実に電車の扉は自動的に開くようになっていました。
f0179202_9174184.jpg

駅ではLisaママがお迎えにきてくれました。
会うのは11年ぶり。
どんな話をしようか、英語が話せるのだろうか、間が持たなかったらどうしよう。。。
電車の中でどぎまぎしながら、しっかりとメイクを直す姉妹。(笑)
いざお会いしたら、どばぁーっと記憶の波が押し寄せてきて、
会話が途切れる事はありませんでした。
25年前に住んでいた家の外観は少しだけペイントされているだけで、
全く変わっていませんでした。
f0179202_915230.jpg

何故だか窓の側で女性が私達に手を振っています。
Lisaママが「勝手に写真を撮るのは申し訳ないから、一言断っておきましょう」とドアをノックし、
事情を説明すると
「どうぞどうぞ!!」と家の中まで、
しかも隅々まで
見せて下さったのです。
なんて良い人!
増築&改装されたその家は以前とは違う内装で
驚く程美しくなっていましたが、
階段の手すりとか、
両親のベッドルームとか
父の書斎とか、
ところどころ面影を残し、懐かしさで胸が一杯に。
「私ももし自分が小さい時に住んでいた家を訪れたら、きっと同じ事をして欲しいと思うから」
と快く見知らぬ私達を招き入れてくれた家主さんの言葉に妹が泣き、私はもらい泣き。
「次回は絶対teaしましょうね!」と言ってくれた家主さん。
本当に嬉しかったなー。
f0179202_9153360.jpg

小学校3年までを過ごした学校も新しくプールに屋根が出来たり、新しい校舎が出来たりしていたけれど、
教会とか、食堂とか、休み時間に遊んだプレイグランドは当時のまま。
じゃんけんをお友達に教えて遊んだりしたのを思い出しました。
f0179202_9163811.jpg


そして、11年ぶりに再会したLisa&Stephenは立派な大人になっていました!
「まるで双子のようね」といつもLisaママに言われるLisaと私。
ショッピングが好きでジムは苦手。
旅行が好きで、つい先日もイタリアに行ってきたばかりだとか。
弟のStephenは妹と同級生。
背は190センチくらいに伸びていたけれど、相変わらずやんちゃで悪ガキでした(笑)
筆まめではなくて(お互いに・笑)、連絡を常に取っていた訳じゃないけれど、
節目節目で会う事の出来る大切な家族。
今度は日本で会おうね!と約束して帰ってきました。

脳科学者の茂木さんは脳のストレス解消には過去の記憶を辿る事が効果的と何かの番組で言っていたけれど、
脳の片隅で大切に守られていた記憶が一気に紐解かれて溢れ出てきて、
すごーく幸せな気持ちになりました。
私の人生の始めの方のたったの5年間だけれど、
私にとってはとてつもなく重要で記憶からは絶対になくしたくない5年間を過ごした家。
素敵な家主さんに住んでもらっていて嬉しかったな。
いつになるかわからないけれど、
次に訪ねる時もきっとそのまま存在していてくれているような気がします。
本当にいつか皆でteaが出来たら素敵だろうな♪
f0179202_9423663.jpg

[PR]
by han-nari-days | 2010-10-10 09:47 | travel/london

London&Paris。

f0179202_11174337.jpg

妹とロンドン&パリを旅してきました。
思い出を辿る旅、
出会いの旅、
再会の旅、
初体験の旅。。。
いろんな思い出に残る旅となりました。
帰ってきてから随分たつけれど、まだ頭がぼーっとしています。
のんびりアップしてきまーす。
[PR]
by han-nari-days | 2010-10-09 11:21 | travel/london