<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2weddings♪

11月は何かと忙しく過ごしております。
久しぶりに披露宴に出席して参りました。
ひとつめは大学時代の友人Nの結婚式。
随所に彼女のこだわりが詰まった結婚式でした。
ウェルカムボードも、招待状も、席次表も、ぜーんぶ新婦の手づくり!
f0179202_8525273.jpg

素敵だったな〜♪
f0179202_8503947.jpg

久しぶりに友人達とも会えて、
また「背、伸びた?」って聞かれて(笑)
少しだけ学生時代に戻ったようで、楽しい時間でした♪

ふたつめは夫の後輩ちゃんのお式。
f0179202_851195.jpg

一緒に徳島旅行をした時、天真爛漫な彼女を見つめる彼の"奇麗な目"が印象的だったので、
ゴールインして嬉しい♪
f0179202_8484618.jpg


二組とも幸せな笑顔に溢れたお式でした。
結婚式ってやっぱり幸せ♪
末永くお幸せに!
[PR]
by han-nari-days | 2011-11-15 08:57 | travel/東京

幸せ。

少し前のこと。
ある秋晴れの日、自分の工房を開いた野田夫妻の初めての展示会へ足を運んだ。
f0179202_1055272.jpg

それはそれは素敵過ぎて言葉では言い表せない空間だった。
滋賀の山の中にひっそりと佇むその工房は築30年の昔ながらの民家だ。
田の字型と呼ぶらしいが、正方形の部屋が4つ集まって正方形の形を成しているのだ。
その左側に板を自分達で引き、板間に仕上げ、型押しの工房を作り、
残りの半分はアート本でぎゅうぎゅうに詰まった本棚と小さなソファーが置いてある空間になっていた。
風通しがよく、たいそう気持ちがいい。
縁側には日だまりが出来て、デニム地が恐ろしく熱くなったが、それも心地よい。
自然とまどろんでしまう。
f0179202_10582091.jpg

友人の木工作家さんが作った家具の上には別の友人作家さんが作った丸背本が並び、
縁側の端っこには義妹さんが売るインドの女性達が作った布が置かれ、てっきり旦那さんがデザインしたと思っていたミロの絵画のような斬新な襖は奥様のデザインで、旦那さんがそれを型押しして、屏風まで全部仕立てたそうだ。
全てが人の縁で結ばれ、愛に溢れていて、光に反射する雲母のようにキラキラしていた。
深呼吸すれば緑のにおいがすぅーっと鼻に抜ける。
ミツバチが部屋にしょっちゅう入ってくるが、誰もそれに驚いたり過剰な反応はしない。
あぁ、来て良かった。

車で少し移動した所にもうひとつ工房がある。
それは野田さんのご両親の染色工房だ。
こちらはなんと築130年の町家だそうだ。
「実は床が少し歪んでいるんだよねぇ。でもそれで良いバランスを取っているんだ」
低く心地よい声でダンディーなお父様が楽しげに説明してくれた。
歴史の重みを感じる空間に現代的なデザインの暖簾がよく映える。
「私と息子の作品以外はこれまでここで展示会をやった作家さんのものばかりなんだよ。あとはこの家にあった古い道具とかだね。」
新しいものと古いものが同居し、自然に人が集まる空間。
こちらも居心地が良過ぎて珈琲を2杯も頂いてしまった。
全てはお父様のくりくりとした人懐っこい笑顔と気さくなお人柄なのだと思う。
ココにも人の縁が集まり、キラキラと輝いていた。
あぁ、来て良かった。
記念に持ち帰ったお父様のコースター達を見てると、お父様の笑顔が浮かんでくる。
f0179202_1104095.jpg


駐車した公園にはブランコがあり、数年ぶりに乗ってみた。
すると目の前に広がったのはこれでもかという程の絶景だ。
秋には山ごと真っ赤に染まるのだとか。
山に向かって思い切りブランコを漕いで笑って深呼吸して美しいものを見て素敵なお話を伺って、
身も心もしっかりと充たされた。
f0179202_10561827.jpg

よし、帰ろう。
自分の家に帰ろう。
[PR]
by han-nari-days | 2011-11-14 11:03 | travel/滋賀